『第5回次世代育成支援対策行動計画』を策定しました。

社員が仕事と子育てを両立させ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮し、より豊かな人生を築くことができるよう、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 平成29年4月1日〜平成32年3月31日までの3年間
2.内  容
目標1:仕事と家庭の両立を支援する為の環境を整備する
〈 対 策 〉平成29年4月1日〜
● 時間外勤務の縮減し、仕事と家庭の両立を図る。
● セクシャルハラスメント・パワーハラスメント・マタニティハラスメント等の働きやすい環境を阻害する行動等を解消するために、役員・管理職・労働組合を含む関係者全員を挙げて取り組む。
目標2:子育てしやすい勤務環境を整備する。
〈 対 策 〉平成29年4月1日〜
● 育児休業や産前産後休業など、出産・育児に関する制度の従業員への周知を図り利用し易い環境を整える。
● 妊娠・出産後の女性労働者の健康を確保するため、女性を窓口とする相談体制を整備し、制度の周知や情報提供を行うようにする。
目標3:次代を担う若年者への支援
〈 対 策 〉平成29年4月1日〜
● 地域の学校や職業安定所等と連携し、会社見学や職場体験実習等の受け入れを進める。
● トライアル雇用を通じた雇入れ、職業訓練の推進を行う。