キャリアプラン

責任と意欲が成長の基礎と考える、人物重視の評価・人事制度

フクヤは経営世襲制を採らず、一般社員から、人望・実力ともに備えた人材を社長として選出しています。社員教育も初期トレーニングから店長等の幹部教育まで、会話・ コミュニケーションをベースとして、社員重視の姿勢で取り組んでいます。
あわせて、将来の役員をめざすことのできる人事制度を整えています。個人の成長評価は、やる気に応える自己申告制度、キャリアに応じて挑戦できる資格制度を導入。数字だけで評価する成果主義に偏らず、各スタッフの仕事に対する取り組み姿勢、努力も評価し、仕事に夢を広げ、未来の社長候補として育っていけるよう、配慮しています。

充実の教育で高い定着率

社員の定着率の良さはフクヤの自慢のひとつです。これも、社員のやる気に応える人事制度と決め細やかな社員教育に基づいています。 総合職の場合、入社半年の間に、青果・海産・精肉の生鮮部門を体験するジョブ・ローテーションを実施しています。その後、いずれかの部門に配属され、担当部門で技術を身につけます。 店舗での実践が何よりの自信となり、お客様とのふれあいを喜びと感じることが、仕事の面白さにつながるのです。